自律神経失調症

自律神経失調症

コロナウイルス対策

当院はコロナウイルス対策を徹底しながら、営業を行っております。また、当院はマンツーマンで行うので、他の患者さんに遭遇する確率はとても低いです。辛い症状でお悩みで、治療を受けたいけど3密を避けたいと思っている方は、当院をご利用くださいませ。

こんなお悩みありませんか?

  1. 眠りが浅い
  2. イライラする
  3. お通じが良くない
  4. 体が冷える
  5. 汗の量が増える

上記の症状で悩まている方なら、鍼灸治療がお力になれます。

一人で悩んで、薬の量だけが増えていく生活から抜け出したくありませんか?

当院では整体や薬での治療でも症状が変化しなかった方が、症状が楽になったと喜ばれています。

今の状態を変えたいと強くお考えなら、当院の自律神経調整の鍼灸治療を試してみませんか?

料金表

予約・お問い合わせ

お電話にてお問い合わせ・ご予約をしたい方はこちらをクリック

友だち追加

LINE(24時間受付)にてお問い合わせ・ご予約をしたい方はこちらをクリック

営業時間

9:00~13:00・16:00~19:00最終受付

定休日

日曜日・金曜日 

※無料駐車場完備

当院が選ばれる理由

1地域に選ばれた鍼灸院

2年連続で豊明市から任命された、愛知県市町村駅伝対抗豊明市代表スポーツトレーナーに就任しました。日頃から地域の活動に参加し、地域への貢献とスポーツの専門的な知識が認められました。

2丁寧な問診・施術

当院はマンツーマンの施術を行っており、同時に何人も見る事が無いので、安心して様々なお話が出来ます。さらに、鍼での刺激も一人一人に合わせられるように治療を行います。

3LINEでのアフターフォロー

施術後の不安や質問にお気軽に答えられるように、LINEでのサポートを行っております。
特に当院は8割以上の患者様が鍼灸治療が初めての方なので、少しでも不安を取り除き、運動・食事などのアドバイスが出来るようにしております。

ひかりの森鍼灸院の治療

初診時に必ずカウンセリングの時間をしっかり確保し、あなたの自律神経の流れを悪くしている原因を明確にする。

原因を明確にすることで、体の状態を把握し、お体に合ったツボを選び、はりとお灸をします。

特に末端部(手・足)のはりやお灸を増やすことで、全身の血流や末梢神経を状態改善に向かわせます。

さらに、刺激量は必ず相談しながら調節する為、殆どの方が無理なく受けて頂いてます。

原因が分からなく、慢性的な疲労感、不眠、消化不全、お通じ、体温調節、発汗調節、イライラ、不安感などでお困りの場合は、お気軽にご連絡下さい。

名古屋市・豊明市・大府市・刈谷市にお住まいで、自律神経の乱れでお困りの方は、ひかりの森鍼灸院へご連絡を下さい。

定義

自律神経失調症とは原因が分からずに体の調子が良くない、という症状です。

そもそも自律神経とは、無意識で体のバランスや動きを調整している神経の事です。

例えば、心臓・血流循環・内臓系・体温調整・ホルモン分泌などの神経は、無意識に制御しています。この無意識に調整している神経を「自律神経」と言います。

自律神経には、交換神経副交感神経の2種類に分類します。

交感神経は、緊張している状態の時に優位になる。スポーツ中や仕事中は交感神経が優位になる事で、集中力やパフォーマンスの向上に繋がる。

副交感神経は、リラックスしている時に優位になる。睡眠中は副交感神経が優位になる事で、睡眠の質は大幅に改善しやすい。

常に副交感神経交感神経がバランスを取っていれば、免疫力も高い状態を維持し、健康状態がとてもいいです。

原因

自律神経失調症とは、上記で説明した自律神経の働きが悪くなり、体全身に不具合を出す症状の総称です。

病院でのレントゲン検査や内臓検査などでは、何の問題が無い場合に診断されることが多い。

それには心の問題もあると考えられる。

原因は人によって様々ですが、多くの場合に『ストレス』が深く関わってると言われている。

仕事の量が多すぎて、リラックスする時間がなく、毎日のストレスが増える事で自律神経失調症になりやすくなる。

症状

症状は精神的な症状から身体的な症状の多岐に発生する。

慢性的な疲労感、不眠、消化不全、お通じ、体温調節、発汗調節、イライラ、不安感などが発生しやすいです。

症状の度合いは人によって様々で、対処法が難しく、多くの方が困っているでしょう。

セルフケア

呼吸法

腹式呼吸によって副交感神経の流れを良くする。

腹式呼吸は、お腹を膨らませながら、鼻から息をゆっくり吸い込み、息をはくときは口からゆっくり吐くことを心がける。一日10回を目安に行う。特に睡眠前の時間に行うのがオススメです。

温熱療法

お風呂での入浴時間を確保する事で、体をしっかり温めて、血流の流れを良くすると自律神経の流れも安定しやすい。

適度な運動

一日30分ほどの有酸素運動を行う事で、幸せホルモン(アセチルコリン)が分泌され、リラックス効果がある。

食事療法

緑茶やコーヒーなどのカフェインが多く含む飲み物とお酒などのアルコール飲料は、交感神経を過剰に高めてしまう為、自律神経失調症が酷い場合は飲まないようにしましょう。

西洋医学的な治療

病院では、症状別に心療内科・消化器科・呼吸器科などを受診する事が多く、殆どがカウンセリング後に症状に合わせたお薬を処方されることが多いです。

しかし、お薬は一時的な改善は見られても、根本的には改善が難しく、お薬による副作用も発生する場合がある。頓服薬として使用する場合は必ず量を守る事が大事です。

アクセス

住所

愛知県豊明市新栄町7丁目ー296 オークラプラザ101

最寄り駅は前後駅で徒歩13分