はじめまして、院長の近藤邦成(コンドウクニナリ)と申します。

このページでは私の生い立ちや鍼灸との出会いなどをお伝えさせて頂きます。

ご来院前に一読して頂けると幸いです。

生まれも育ちも豊明市になります。

四人兄弟の末っ子として生まれ、可愛がられながらスクスクと成長しました。

正直学校の勉強はそこまで得意ではなかったですが、兄の影響で始めた陸上の長距離はいつの間にか得意になっていました。

高校は中学校の頑張りが認められ、スポーツ特待で入学する事が出来ました。

しかし、その高校は最終的に全国高校駅伝を目指す強豪校で、集まった生徒もとても速い人ばかりで毎日がプレッシャーとの戦いでした。

 

さらに、高校最後の春に大きな怪我をしてしまった。

私にとっては走る事が全てで、それ以外の事は何も興味がなかった。

人生で初めての挫折でした。

走りたいのに走れない、とても苦しい日々が三ヶ月続きました。

何で僕なんだ!!

走りたい、でも苦しい

こんな想いが何日も続き、何度も枕を涙で濡らす日々が続きました。

 

そんな時に一つの出逢いが有りました。

 

それが1人の鍼灸師さんとの出会いでした。

その方はオリンピック選手も治療する有名な鍼灸師さんでした。

鍼灸師さんの治療と励ましが有った事で、見事に復活をする事が出来ました。

高校駅伝のメンバーには入る事ができませんでしたが、高校生活の最後は皆と一緒に走る事が出来ました。

最終的な記録は母校の歴代一位のチーム結果を残すことが出来ました。

今でもあの時の表彰式の光景は忘れる事がありません。

 

私も怪我で苦しんでいる方を救くい、あの先生のような鍼灸師になりたいと思い、鍼灸の資格が取れる大学へ進学する事にしました。

 

大学は推薦入学だったので苦労する事が無かったが、勉強を全くやってこなかったので、一般教養と専門分野の勉強に付いていくのが必死でした。

大学に泊まっての猛勉強が何日も続きました。

4年間の猛勉強で無事に資格を取得する事が出来ました。

後で振り返ってみると大学の4年間が人生で1番勉強に時間を費やしていたが、時間の使い方に無駄がなく楽しい時間でした。もしかしたら、私はピンチをチャンスに変えることが出来るのかもしれないと思いました。

 

 

はじめての就職

最初は何も分からなず、接骨院に就職しました。

そこでは院長の言うことが絶対で誰も逆らえないような現場でした。夜も遅く、有給も無い現場で身体がボロボロになっていくのが分かりました。

健康を提供するはずの施術者が不健康では全く意味が無いと思い、一ヶ月程で辞めました。

何も考えずに辞めてしまい、お先真っ暗な感じでした。

そんな時に一つの治療院との出会いでした。

それが松本治療院でした。

ここでは個性を生かした施術が出来る治療院でした。

直ぐに応募して合格をすることが出来ました。

仕事では上手くいかないことも有りましたが、いつも先輩や院長が励ましたくださり、諦めること無く一人一人の患者さんと

上手くいかないことも有りましたが、先輩や院長が話を聞いてくださり、5年間の勤務を無事に終える事が出来ました。

 

もう一つの夢

私のもう一つの夢は陸上チームのトレーナーをして、いつか全国高校駅伝に出場するチームを作る夢があります。

そんな想いを考えていたある日の朝、出勤途中で中学校の頃にお世話になった部活の顧問の先生に出会いました。

今は母校の中学校に戻ってきていると言う事で、チャンスだと思い、強引に専属のトレーナーにして頂きました。

 

まだまだ先だろうと思うけど、

いつか高校の陸上部のトレーナーもしたいと考えていたら、急にメールが届き、

地元の高校に来てくれないか?

と言われました。

最初はとても驚きましたが、直ぐに返事をして、活動をすることになりました。

 

中学校での活動が評価されて、中学校の先生が紹介をして下さっていた。

自分が高校生の時に叶えることが出来なかった全国高校駅伝への出場をめざして、生徒と一緒に頑張っています。

さらに、2019年は愛知県市町村駅伝豊明市代表トレーナーに選んで頂き、少しでも怪我で苦しんでいる人を助ける事が出来るようにサポート致します。

 

これからの目標

学生時代の苦しい経験や就職して身体がボロボロになった経験を生かして、怪我で苦しんでいる方や仕事が忙しくて身体がボロボロなっている方の為に鍼灸治療を行う事です。

疲れや苦しみが少しでも減らすことが出来れば、あなたの大切な時間をもっと良い時間に出来ると思うと、私もとても嬉しいです。

さらに、ケガで苦しんで学生生活が楽しくない時間にならないように、治療家として手を差し伸べられるようにします。

とても長い文章になりましたが、読んで頂きありがとうございました。

あなたのお力になれるように日々精進しております。

何かお悩みの方は一度ご相談下さいね。

あなたとお会いできる事を心よりお待ちしております。