膝蓋靭帯炎

膝蓋靭帯炎

コロナウイルス対策

当院はコロナウイルス対策を徹底しながら、営業を行っております。また、当院はマンツーマンで行うので、他の患者さんに遭遇する確率はとても低いです。辛い症状でお悩みで、治療を受けたいけど3密を避けたいと思っている方は、当院をご利用くださいませ。

こんなお悩みありませんか

  1. 膝のお皿(膝蓋骨)のすぐ下に痛みがでる
  2. ジャンプするときがとても痛む
  3. 動き始めと強い衝撃が加わると痛む
  4. インソールを入れても痛みが止まらない
  5. 正座が出来ない
  6. 膝が伸ばせない

膝のお皿(膝蓋骨)の下に痛みが出てジャンプなどの動きで痛みが悪化することが多く、膝蓋靭帯炎と言います。

ジャンプの動きが多いスポーツや長距離選手に多く発生する症状で、太ももの筋肉の柔軟性が大きく関わっている。

当院は豊明市から駅伝のトレーナーを依頼されるぐらい、ランニングにおけるケガのスペシャリストです。

料金表

予約・お問い合わせ

お電話にてお問い合わせ・ご予約をしたい方はこちらをクリック

友だち追加

LINE(24時間受付)にてお問い合わせ・ご予約をしたい方はこちらをクリック

営業時間

9:00~13:00・16:00~19:00最終受付

定休日

日曜日・金曜日 

※無料駐車場完備

原因

膝蓋靭帯炎はお皿の下が痛みますが、原因は太もも前面(大腿四頭筋)の筋肉が硬くなることで、膝蓋靭帯に炎症が発生しています。

ジャンプやランニングやフェイントで無理に膝を曲げる動きで痛める人多いです。

症状

ジャンプやダッシュなどによる膝関節の屈伸運動を頻繁・長時間に行う事で、膝蓋靭帯(膝正面)を損傷する。

その結果、屈伸運動時に痛みが増悪するようになり、痛みを我慢してスポーツを行う事で完全断裂に至る場合もある。

早期治療やスポーツの休止も視野に入れる事も重要です。

足の痛みの対策!!

①アイシング

冷やす場所は痛みが出ている場所を練習後必ず、10分間以上冷やす事をしてください。

②ストレッチ

太ももを伸ばすストレッチを毎日入浴後と練習前後に行うことがオススメです。

③運動の中止

痛みの状態にもよりますが、基本的には運動の休止をオススメします。

もちろん、治療しながらであれば運動の継続は可能になります。

何もせずに放置すのであれば、悪化する恐れがあるので、オススメしません。

④再発防止

アイシングとストレッチの継続は必須です。

さらに、当院でお伝えする足裏ストレッチもやって頂きたいです。

ひかりの森鍼灸院の治療

当院は、陸上選手・バレーボール選手・バスケ選手などで膝蓋靭帯炎にお困りの方の施術を行っております。

院長はスポーツ現場での経験と知識によって症状の改善からスポーツのアドバイスも行う事で、ケガの再発予防とスポーツパフォーマンスの向上が可能です。

主な当院での施術のポイントは、大腿四頭筋(太もも)の筋緊張緩和と骨盤のゆがみの調整を行う。

さらに、症状が改善後は再発予防のアフターケアまで行う事で、スポーツを楽しむ全ての人が笑顔で活躍出来るようにしております。

名古屋市緑区・豊明市・大府市・刈谷市にお住まいで、スポーツによる膝の痛み(膝蓋靭帯炎)でお困りの方は、ひかりの森鍼灸院へご相談下さい。

アクセス

住所

愛知県豊明市新栄町7丁目ー296 オークラプラザ101

最寄り駅は前後駅で徒歩13分