オスグッド病

オスグット

コロナウイルス対策

当院はコロナウイルス対策を徹底しながら、営業を行っております。また、当院はマンツーマンで行うので、他の患者さんに遭遇する確率はとても低いです。辛い症状でお悩みで、治療を受けたいけど3密を避けたいと思っている方は、当院をご利用くださいませ。

こんなお悩みありませんか?

  1. 膝の曲げ伸ばしがつらい
  2. 膝が痛くて、ランニングやジャンプが出来ない
  3. 病院へ行ってもオスグット痛が引かない
  4. 膝の痛みで運動が出来ない

オスグットの場合は痛みの再発がとても多く、最初は片足だけだったのも症状がひどくなると、両方の膝が痛くなります。

運動をする事も厳しくなることも少なくないです。

症状が軽度の時に検査を行い、その後は鍼灸治療で改善させませんか?

子供頃の時間は大人の時間よりとても大切だと思います。

少しでも早い回復とスポーツへの復帰を考えて施術を行っております。

オスグッドでお困りの方は、当院へご連絡を下さい。

料金表

予約・お問い合わせ

お電話にてお問い合わせ・ご予約をしたい方はこちらをクリック

友だち追加

LINE(24時間受付)にてお問い合わせ・ご予約をしたい方はこちらをクリック

営業時間

9:00~13:00・16:00~19:00最終受付

定休日

日曜日・金曜日 

※無料駐車場完備

ひかりの森鍼灸院の施術

当院はオスグット病の施術も行っております。

オスグット病はスポーツでのパフォーマンスを著しく低下させる疾患です。

状況によっては、スポーツの休止もお願いする場合も有りますが、子供の頃のスポーツの経験は、その後のパフォーマンスにとても影響すると考えて、スポーツをしながらでも、改善出来るように施術やセルフケアのアドバイスを必ず行っております。

どんな疾患でも、症状が重度になると治療期間が長くなります。

膝に違和感や痛みを感じたら、ご相談下さい。

オスグット病でお困りの方は、ひかりの森鍼灸院へご相談下さい。

原因

オスグット病は小中学校男子に多い膝の炎症による成長期スポーツ障害の代表疾患です。

原因は、痛みを我慢して、スポーツを継続する事で大腿四頭筋が付着する脛骨(すねの骨)からはがれる事で、痛みが出る。

成長期は身長が急激に伸びと共に骨も急成長しますが、筋肉や腱などの軟部組織は同じように成長できません。

結果的に骨に筋肉が伸ばされて、大腿部の筋肉(大腿四頭筋)の柔軟性が低下した状態で、ジャンプやダッシュなどの激しい運動は膝(膝蓋骨)への負担が大きくなります。

症状

スポーツ動作全般で発生するが、特にジャンプ動作ダッシュキック動作でおこりやすく、膝下(脛骨粗面)に強い圧痛がある。

熱感や腫張・脛骨(すね)の隆起が認められ、場合によっては両側に発生する。

他のオスグットの症状

・膝のお皿の下を押すと痛み

膝下に物が触れると痛み

・歩行やランニングで痛み

・しゃがむ動作で痛み

・体重をかけると痛み

などの症状が発生します。

西洋医学

病院へ行くのであれば、整形外科です。

レントゲン検査によって、脛骨粗面(すね)に付着する大腿四頭筋(太ももの筋肉)が剝がれている状態を確認できる。

他にもMRI検査や超音波でも骨の異常が確認できます。

病院では電気治療や装具療法・薬物療法(鎮痛剤処方等)を行い、場合によっては手術も行う。

アクセス

住所

愛知県豊明市新栄町7丁目ー296 オークラプラザ101

最寄り駅は前後駅で徒歩13分